環境産業が調和するドラム缶更生業

 

 

ホーム クローズ缶 オープン缶

---
 
 
 ドラム缶の歴史
 

■ <いつ、誰が、何処で?>

 
ドラム缶は1903年、米国人女性 ネリー・ブライ(Nellie Bly)女史によって発明され、彼女が経営を委託されたニューヨークのアイアンクラッド社(Ironclad Manufacturing Co.)で現在のドラム缶とほぼ同じ形状のものが製造されたのが始まりである。(写真はPamela Terry著「Fifty-Five Gallons」より」
 
1860年代、アメリカで発見された石油の貯蔵・運搬用として使用されていた木樽に代わる容器として、ネリー・ブライ女史が、欧州旅行中に見たグリセリン入りの金属容器をヒントにして、ドラム缶が生み出されたのである。
 
 

 <日本では?>

 
我が国にドラム缶がいつ頃現れたかは定かでないが、大正末期頃、海外からの輸入物資の容器として洋樽に混ざり、登場したようである。そして、1929年(昭和4年)小倉石油(現在の日石三菱石油)が米国からドラム缶製造機械を輸入して、山口県下松市で自社用としてドラム缶の製造を開始した。
 
その頃、使用済みとなった中古ドラム缶も需要が増加し、1930年(昭和5年)横浜の浅間町で神奈川ドラム修理工場が設立され、関東で初めてのドラム缶修理工場(現在のドラム缶更生業者)が操業を開始した。そして、1931年(昭和6年)に勃発した満州事変を契機に大量の軍需に支えられ、ドラム缶業者は急速にその事業所数・規模を拡大していった。戦局の烈火に伴い、石油製品、工業薬品等が厳重な統制下におかれ、容器としてのドラム缶が重要な役割を果たし、ドラム缶産業の基盤が築かれたと言える。
 
 
 

へ戻る